リフォーム介護

アクセスカウンタ

zoom RSS リフォーム介護 広がる買い物支援 高齢者見守り効果も 田辺市

<<   作成日時 : 2011/12/04 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日々の買い物に困る高齢者ら「買い物弱者」を支援する取り組みが和歌山県田辺市で広がりを見せている。高齢者の見守りや地域経済の活性化も期待し、地域の実情に合った取り組みが模索されている。

 中辺路町商工会と市が連携して10月から始めた買い物支援は、65歳以上が半数以上を占める「限界集落」9地区の高齢者が対象。普段見守り活動で週1回訪問する集落支援員に注文書を手渡すと、翌週の訪問時に商品を届けてくれる。事業には20社が参加しており、電気工事やリフォーム、配食なども依頼できる。

 10月の注文は第1週の1件から口コミなどで徐々に増え、月間25件。当初30人だった利用登録も46人に増えた。高齢者見守り活動の一環として浸透し始めているという。

 利用する同町野中の中西きたのさん(87)は「買い物は車を持つ知人や孫に乗せてもらってばかり。配達はとても助かる」と話す。支援員には日常の相談をよくするという。

 地元商店にも利点が大きい。同町近露で食料品などを扱う井谷商店は「利用が増え、ありがたい。店まで出て来られなくなったおばあちゃんも注文してくれ、元気だと確認できる」と歓迎する。

 同商工会は「最初の1カ月は利用ゼロも考えていただけに上々の滑り出し。まずどんな困り事があるのか需要を聞き取り、それに合わせたサービスに改善していきたい。地域経済の活性化にもつなげられれば」と話している。

 龍神村商工会の会員有志は6月から、電話で注文を受けた商品を配達するサービスに取り組んでいる。龍神村西の「ふれあいマートあだち」(安達宗一代表)では、10人ほどが定期的に利用。一人暮らしの高齢者がほとんどで、配達が見守り活動にもつながっている。

 市街地にも買い物弱者はいる。同市たきない町の「しんか総合コンサルティング」が行う買い物代行「しんかハート便」は、電話かファクスで注文すれば、スタッフが地域の商店やスーパーマーケットで商品を購入し、届ける。配達は有料。

 昨年7月に県の委託を受けて旧田辺市でサービスを始め、上富田町、白浜町、みなべ町、印南町にエリアを広げている。旧田辺市では利用が定着してきたという。

 「オークワ」(本社・和歌山市)はインターネットで注文を受けて商品を配送するネットスーパーのエリアを10月22日から県内全域に拡大した。配達は有料。台風で被災した田辺市本宮町や新宮市熊野川町などからも注文が届いている。

 オークワは「まとめ買いでなく、日々の買い物に利用される方が多い。山間部では高齢者に代わって離れて住む子の世代が注文するケースもある」と話している。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リフォーム介護 広がる買い物支援 高齢者見守り効果も 田辺市 リフォーム介護/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる